髪ケアは食生活から

綺麗な髪を保つために現在は様々な商品がでています。シャンプー、トリートメント、オイル、ドライヤー、ブラシなど髪に関係するものであれば様々なものが存在しています。新商品があれば試してみたい、試さなければ気が済まないという方もいらっしゃるでしょう。しかし髪には個人差があり、他の人には有効なものでも自分には効き目の薄いということもあります。
まずどうして髪に効き目があるのか、どのようなところを効果があるのかを知るところが自分の髪を大切にする近道になります。

髪を大切にするために色々な商品を試すという方法もありますが、自分の生活リズムや食事を見直すということも重要な要素です。生活リズムで大切なのはストレス管理になります。ストレスは抱えすぎると血行不良を起こします。血液は全身に酸素や栄養を運ぶ役割があります。この全身には頭部、頭髪も含まれます。頭髪はタンパク質や脂質などの成分で構成されており、これらを作り出す栄養素は血液によって運ばれています。できるだけストレスを軽減させることが髪ケアに繋がります。

また食生活を見直すことも髪ケアに繋がります。髪を構成しているタンパク質、そしてタンパク質の吸収を促進するビタミンB1、B2、B6、B12の摂取が大切です。タンパク質には大きく植物性タンパク質と動物性タンパク質があります。この2つはどちらが良いというわけではありません。どちらも必要です。ただし注意点として動物性タンパク質にはコレステロールが多く含まれています。コレステロールは血液を詰まらせる危険性もあるため取り過ぎには注意してください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket