ドライヤーの注意

髪を洗った後は乾かす必要があります。髪を乾かす方法として一般的なものは自然乾燥かドライヤーかと思います。どちらが良いのかと考えるとそれぞれ簡単には言えません。それぞれにメリットとデメリットがあります。
まずドライヤーのメリットです。何より大きいのは髪が水で濡れている時間を減らすことができます。水分というのは菌やカビの発生を助長します。髪が濡れていても同じ現象が起こります。こういった雑菌は髪の悪臭や頭皮のかゆみに繋がります。これは同時に自然乾燥のデメリットでもあります。
逆にデメリットとしてはドライヤーの熱が髪に悪影響を与えることもあるということです。髪の主成分はタンパク質であり、タンパク質は熱を与え続けると変質してしまいます。これは髪ケアの観点だけではなく、パーマやカラーリング、白髪染めなどの効果を薄くするというデメリットにも繋がります。このデメリットから自然乾燥に努める方もいらっしゃるでしょう。
これらのことから乾かす時に重要なのはドライヤーで熱を与える時間を減らす、あるいは熱の温度を下げるということです。時間を減らす具体的な方法としては事前にタオルなどで大部分の水分を取った上でドライヤーを使えば効果的です。温度を下げる方法としてはお使いのドライヤーの使用方法を再確認してみて下さい。低温で使えるモードなどがあれば、そちらの使用をお勧めします。